住宅ローン
審査が長引いてしまった

住宅ローン審査が遅れたら

 

住宅ローンを組む時って、もう家の売買契約をしてしまった後ですよね。 もし住宅ローン審査が期限に間に合わない・・なんてことになったら、この売買契約ってどうなっちゃうんでしょう? 破棄されることになり家は手に入らなくなっちゃうんでしょうか?

売買契約の際に手付金を払っていて、ローン特約みたいなものがあれば、住宅ローン審査間に合わないような場合でも、手付金は戻ってきて契約は解除・・ということになるようですね。

でももしこのローン特約っていうのがなかった場合には、手付金はあきらめるしかないんでしょうか。 住宅ローン審査間に合わないことって実際にあるのかなあ・・。 本審査を受ける前に事前審査みたいなものだって受けられると思うし、住宅を購入する時には、住宅ローン審査間に合わない・・なんてことにならないよう、事前審査で通るかどうかを判断してもらい、本審査でスムーズに通過できるように準備しておかないといけないんでしょうね。

住宅ローン審査って、金融機関によってかかる日数も違うんだろうなあ。 提出しなきゃいけない必要書類だって違うのかもしれないし・・。 それに住宅ローン審査に引っかかる項目があれば、それだけ時間がかかったり、審査に通る可能性が低くなったりしますよね。

住宅を購入する時には、まず売買契約をする前に、住宅ローン審査に通るための条件などをしっかり調べておくこと、そして仮審査を受けておくことが大事なのかも。 売買契約前に仮審査が受けられるのかどうかっていうのは分からないけど、少なくとも金融機関のシュミレーションサイトで、審査に通るかどうかの簡単な判定くらいはできるんじゃないかな。

そういったシュミレーションサイトを利用して、住宅ローン審査に通るための事前準備をしっかりやっておかないとね。

そうしないと、もし気に入った家が見つかって購入を決めても、住宅ローンの審査が間に合わなかったばっかりに契約解除・・なんてことになったら悲しすぎますからね。 しかもローン特約がなくて手付金まで失ってしまったら悲惨です。

確実に家を手に入れるためには、家選びをする前に、まずはしっかりとシュミレーションして、借入可能額なども把握し、住宅ローンの審査に通るよう準備しておくことが大事なんでしょうね。 住宅購入のような大きな契約になればなるほど、そういった準備ってぬかりなくやっておかなくちゃいけないんでしょうね。 どんなことでも準備は大事だけど、住宅購入のような重体な決断をする場合には特に大事ですね。

Copyright (C) 住宅ローンの審査が間に合わないとき All Rights Reserved